お知らせ・報告 , 事務局からのお知らせ , 山桜会会長のご挨拶

山桜会新会長挨拶

 

さらに連携を深めよう 山桜会

 

721日、川原前会長が任期の途中でありますが、都合により山桜会理事会において会長職を辞任され、新たに会長を務める事となりました田口でございます。

私を含め、副会長、委員長それぞれがこの春より新しいメンバーに替わり、「連携を深めよう」を合言葉に各事業をスタートさせたところでありました。そして、今まさに山桜会が目指すべき方向性はさらに連携を深める事であります。そこで、基本方針はそれを継承して「さらに連携を深めよう 山桜会」と致しました。

私たちの大切な母校、誇りある追手門学院各校が少子化の進行によりまして、ますます厳しい経営環境におかれてきております。しかし、私たち卒業生にとりましては、学院がいかなる環境にあろうとも歴史を重ね、発展してもらいたいというのが共通の願いであります。そのためには山桜会が果たすべき役割は今後とも大きいものと思います。

まずは、楽しくかつ有意義な各事業を通じて本来の目的の一つであります会員相互の交流、親睦をさらに深めてまいりましょう。そして活発な各期の同窓会をサポートする事により、同世代の絆を作り、さらに世代を越え、性別を越えて連携を深め、強い連帯感を作り上げましょう。また、学院各校の教職員の皆様、学生やPTAの皆様との連携も強化していきましょう。そして、オール追手門の掛け声通り連携したすべてが一体となって、母校追手門学院の発展を力強く応援してまいりたいと考えます。

会員の皆様におかれましては、どうか各事業に積極的にご参加いただきますとともに、山桜会に対してさらに温かいご支援をいただきますようよろしくお願い申し上げます。

山桜会会長

田口 順一