お知らせ・報告 , 山桜会会長のご挨拶

会長2009年4月の挨拶 入学式シーズン

会長 4月の挨拶 入学式シーズン会員の皆様、サクラの花見はいかがでしたか。

学院では、4月に入り、各学校園での、入学式、入園式が連日のように開催されています。 早咲きを予測されていた今年のサクラも、例年どおり、入学式に間に合うように花を添えてくれました。 幼稚園は、小学校の森教頭が、あたらしく園長さんになられました。 小学校は、津田校長先生、大手前中高は、南校長先生と、いずれも再任。 茨木の中高は、佐々木副校長が、新たに校長先生になられました。 今日の佐々木校長のお話に、「小事が大事を生む」という言葉がありました。 日々の行動が、大きな結果につながる。 新入生に宛てたすばらしいお祝辞でした。

山桜会でも、4月4日(土)、新校舎見学と桜見を兼ねて、評議員会を、 茨木の中高校舎をお借りして開催させていただきました。 先生方の案内で、新校舎も見学させていただき、みんなが感動しました。 新築の将軍山会館も、宮本先生が、学院歴史解説とともに、ご案内いただきました。 ありがとうございます。

評議員会の活性化を図るため、新しい企画としてのグループディスカッションも、いい試みです。 従前は、せっかく評議員会に出席しても、発言の機会がないままに終わってしまい、評議員どおしの面識が持てない状態が続いていました。 しかし、今回も、前回の評議員会と同様、校舎見学会の感想や、山桜会の将来展望について、小グループに分かれて熱心な議論が行われました。  学年代表の機関である評議員会が、生まれ変わりそうです。

2009年4月7日

校友会 山桜会 会長 川原 俊明