コラム , 卒業生だより

活躍する卒業生 〜 プロバレエダンサー網干慎太郎(大中70期)

はじめまして、追手門学院大手前中学校 70 期卒業生、プロバレエダンサーの網干慎太郎です。
5 歳の頃、姉の影響で始めたバレエも 15 年経とうとしています。中学生になった頃から少しずつ本気に取り組み、大会などに出始め、 賞状などもいただくようになりました。そして、中学卒業を機に、本場であるロシアのボリショイアカデミーに留学をしました。最 初は自分の実力を信じていましたが、まさに「井の中の蛙」、バレエの本場ロシアのステージでは自分の実力では叶いませんでした が、辛くなった時には、背中を押してくださった先生方や両親、そして応援してくれているクラスメイトが送ってくれた手紙を読み 返して自分自身を鼓舞し、最後には首席まで上り詰めることが出来ました。残念ながらロシア・ウクライナ問題の影響で卒業はでき ませんでした。しかし、その後さらにオランダに1年留学をして、チェコ国立バレエ団で契約をいただき、2024 年の 1 月から舞台に 立ちます。
これからも常に感謝の気持ちを忘れずに歩みたいと思います。 山桜会会員の皆様、どうぞ応援の程よろしくお願い致します。